SSC脱毛とIPL脱毛の違い

脱毛には様々な種類がありますが、一体どんなものが良いのでしょうか。
こちらでは脱毛の種類について紹介していきたいと思います。

IPLはIntensive Pulse Lightの略で、キセノンランプというランプを使用した脱毛機です。

シミやそばかすのフォトフェイシャル治療にも使われるライトで、色白になる、美肌効果があるといわれています。

黒色に反応する光が、毛のメラニン色素に反応して熱を発し、毛根の毛母細胞のなかにある毛乳頭という発毛組織に熱ダメージを与えて、毛の再生する力を弱めます。

IPL脱毛を採用している代表的なサロンは、銀座カラーとエターナルラビリンス。(脱毛機の製造国・名称は非公開とのこと)

TBC・エピレは自社独自開発の機械、キレイモはPielという、照射ヘッドが冷えて、冷たいジェルを塗らずにお手入れできる国産の脱毛機を使っています。

シースリーはルネサンスという国産の脱毛機を使用していて、IPL脱毛と明言はしていませんが、これらの基本原理もIPL脱毛です。

S.S.CはSmooth Skin Controlの略で、イタリアのDEKA社が開発した脱毛システムのことです。

こちらも毛乳頭に作用する光を使うのは同じですが、毛の成長を抑制する成分が入ったジェルを塗り、その上から光を当てて、ジェルとの相乗効果で、抑毛するのが、IPLとの大きな違いです。

コメントをどうぞ