コラーゲンとは一体どんなもの!?

コラーゲンが美容に良いというのはみなさん知っていることだと思いますが、コラーゲンって一体どのようなものかわからない方も多いかもしれませんね。
こちらではコラーゲンの正体について紹介したいと思います。

コラーゲンとは、皮膚などを構成するタンパク質の一種です。
タンパク質の中でも弾力性があり、細胞と細胞を結ぶ働きを持っていると言われます。

人間の体内のタンパク質のうち約30%はコラーゲンが占めており、人間の身体を作るうえでは欠かせない成分だと考えられます。

コラーゲンはセラチンやにかわの原料として、さらに動物や魚の皮や骨にも含まれており、古くから食材としても身近なものです。
コラーゲンが多く含まれる代表的な食べ物には、鶏の手羽先や、モツ、レバー、フカヒレ、すっぽんなどがあります。

コラーゲンはそのままでは水に溶けづらく、消化吸収に時間を要するため、一般的に健康食品へは消化吸収しやすくなるよう加工がされて配合されているようです。

コラーゲンを消化吸収しやすくするため、水を加えて加熱し、抽出・精製したものが「ゼラチン」です。

ゼラチンを酵素分解し、分子量を小さくして、さらに消化吸収しやすい形にしたものが「コラーゲンペプチド」と呼ばれるものです。

コラーゲンペプチドは水に溶けやすく、冷却しても固まりにくいとされることから、健康食品によく使用されるようです。

コメントをどうぞ