お金を借りるなら銀行の方がオススメです

銀行にしろ消費者金融にしろ、お金を貸す側は確実に返済されるかどうかを基に審査をします。ですから、誰でも同じように借りられるというわけではなく、年齢や収入によって借りられる範囲や種類が変わります。

まず年齢制限があり、ほとんどのカードローンやキャッシングサービスは20歳以上69歳以下と定めています。ただし※学生キャッシングの場合は、保護者の同意があれば18歳でも借りられます。

中には学生キャッシング以外でも18歳から借りられるものがありますが、未成年は働いているとしても収入が少なく、ローンの概念を理解していないとするため、金利は通常のローンよりも高くなります。

次に収入ですが、これが一番重要です。
以前は収入の高低にかかわらず、上限なしで借りる事が出来ました。

当時は収入のまったくない専業主婦まで問題なく借りられましたが、それらが社会問題となったため、2006年に貸金業法が成立されました。

その行政指導が段階的に施行され、最後の指導である2012年の総量規制で対象になった消費者金融では、申請者の借入総額が年収の3分の1までと決められました。

その結果消費者金融では、年収の3分の1までしか借りれないというのが条件の一つになっています。

ですので年収が少ないパートタイマーやアルバイトの場合は消費者金融で借りるよりも、必然の結果として総量規制対象外である銀行や信用金庫のカードローンで借りた方がお得になっています。

↓こちらの銀行カードローンは収入証明書も不要になっています。
http://xn--n8jaw5jqg5hvhskzb1ec8660hftg362eooxg.com/

金融機関もその需要を見越してか、低収入・無収入でも借りられるローン商品を数多く提供しています。しかし収入が低い分、借入可能金額はかなり少なくなってしまうようです。

その他は、即日融資や収入証明書の簡素化など、低収入の申請者にとっては消費者金融よりも有利な点もあります。

コメントをどうぞ